太地町 たいじ

前の画像 戻る 次の画像
マンホールには特産品の「くじら」がデザインされています。
くじらの町で、クジラに関わる資料館や博物館、クジラ料理の店も多く、船でくじらを見るクルーズもあるようです。
私は物心ついたときからクジラ肉は殆ど食べた記憶が無く、唯一食べたクジラ肉は硬くて不味いものでした。だから捕鯨禁止になったってあんな不味いもん構わないよ、と思ってましたが、今回せっかく本場に来たのだからと、大奮発してくじらの刺身を頂きました。
生肉(馬刺しや鹿刺しなど)は好きですが、これらに負けないくらい美味しかったです。特に採れたてで冷凍肉じゃないものを試食させてもらいましたが、くせもないし、柔らかくてこれは美味でした。
ベーコンと呼ばれる赤みと皮を交互にしたのも食べましたが、これはちょっとしつこいかな?(特に白いの<皮)。
 この蓋は一応カラーらしいです。海辺の町なので、直ぐに錆び色になってしまうそうです。なるべく新しいのがいいですよね、と設置されたばかりの蓋の場所を教えていただきましたが、それはまた土埃で汚れててどっちもどっちでした。比較的綺麗なのがこの蓋でした。
撮影場所:県道240号沿い(きのこ さんからも頂きました)