紀の川流域 きのかわりゅういき

前の画像 戻る
マンホールには流域下水道のシンボルで、上から左回りに橋本市の花「サツキ」・高野口町の木「桜」・かつらぎ町の花「あじさい」・九度山町の花「ぼたん」がそれぞれデザインされています。
"伊都浄化センター"は、かつらぎ町の紀の川流域に新しく作られた浄化センターで、和歌山県内では数少ない流域処理場ですが、まだスタートしたばかりで、ピカピカの新しい施設でした。『(財)和歌山県下水道公社』の一施設なので、今後も県内各地でこの様な施設が増えていくのかもしれませんね。
この建物の上に各市町のデザインマンホールが展示されています。
モノクロタイプは浄化センターの駐車場にぽつんとありました。
撮影場所:伊都浄化センター