羽村市 はむら



前の画像 戻る 次の画像
羽村の堰マンホールには市の花「桜」と「羽村の堰(写真左)」がデザインされています。
江戸時代に奥多摩から流れる多摩川の水を江戸に取り入れるために作られた玉川上水の出発点がこの羽村の「堰」になります。
当時は美しい景観から「羽衣の堰」とも呼ばれていたとか。
以前羽村市を訪ねたときは車を停める場所も無く、デザインマンホールも走行中の車内からは見つけられず、涙をのみました。
後日、電車で再度訪ねました。天気もよかったので、羽村の堰も見学してきました。
河原では釣りをする人や、遊歩道を散歩する人がいましたが、結構地味な場所でした。
撮影場所:八王子下水処理場内