塩尻市 農集排 しおじり


前の画像 戻る 次の画像

マンホールにデザインされているのは『洗馬焼』の壷。
洗馬焼きは江戸時代末期から作られた生活用の陶磁器で、鉄分と細石粒を多く含み、飴釉の上に白釉を流しかけたもの(茶色っぽい下地に白を流しかけたような色合い)が多い。
一旦は作られなくなったが、また最近、塩尻市の伝統工芸として作られているそうです。
画像提供/撮影場所:よういちさん 本洗馬地区