信濃町3 しなの


前の画像 戻る 次の画像

マンホールには小林一茶の句より「雀の子そこのけそこのけ御馬が通る」をデザインされています。
小林一茶はここ信濃町の柏原で生まれ、再びこの地で終焉を迎えています。
小林一茶と言えば知る人ぞ知る俳人ですので、私も知ってる句は幾つかあります。その中で「雀の子そこのけそこのけ御馬が通る」も又有名な句ですね。
町内には「一茶記念館」が有り、一茶の資料や当時の人の暮らしを紹介したり、一茶の句のグッズ等。また周辺には一茶の墓や旧宅なども見学できます。
画像提供:よういちさん