遠野市 とおの


前の画像 戻る 次の画像
マンホールには市の花「リンドウ」と市の木「イチイ」、市の鳥「ヤマドリ」がデザインされています。
遠野と言うと"民話の里"で知られていますが、柳田国男の119話からなる「遠野物語」の刊行によって日本民俗学発祥の基礎となり、広く知られるようになりました。
遠野市に行った事は無いのですが、三陸方面を旅した時にどこか近くで遠野市のパンフレットをもらったんですよね。その時、民話のふるさとなんだ〜と知りました。
ただ、民話を読んで無いので、物語の地を巡るコースを見てもピンと来ず、いつか訪ねる時はちゃんと「遠野物語」を読んで準備して行かなくちゃと思ってます。
画像提供:みつとさん