野辺地町 のへじ


前の画像 戻る 次の画像
マンホールには町の花「ハマナス」と町の木「桜」、町の鳥「カモメ」、「常夜燈」がデザインされています。
「常夜燈」は多くの千石船の往来でにぎわった藩政時代、船の出入りの安全を願って港役所の前の、野辺地湊の尖端に常夜燈を建立したもの。今で言うところの「灯台」ですね。
画像提供:みつとさん